top of page
検索
  • 執筆者の写真Qualia

雇用保険 すべての事業主印の押印廃止の見通し(2023/10/1~)

一部の手続きで存続していた雇用保険手続における事業主印の押印が廃止される見通しです。


9月7日、第182回労働政策審議会職業安定分科会雇用保険部会が開催され、一部の手続きで存続していた雇用保険手続における事業主印の押印の廃止等を行うための雇用保険法施行規則の改正省令案要綱の諮問が行われました。


行政手続の押印は令和2年度に原則廃止されましたが、雇用保険手続における押印のうち、以下の手続きについて押印が存続していました。

<押印が存続していたもの>

●あらかじめ登録された印影と照合する手続き

(例:事業所設置届、事業所各種変更届等の事業主印)

●労働者が申請するものであるが、事業主の証明により支給要件を満たすことを確認する必要があり、その真正性を確保する必要がある手続き

(例:再就職手当支給申請書、就業促進定着手当支給申請書等の事業主印)

今般の改正は、以下の手続きに関する様式を改正し、金融機関に対する届出印等の一部を除き、事業主印の押印をすべて廃止するものです。

●再就職手当の支給申請手続(様式第29号の2)

●就職促進定着手当の支給申請手続(様式第29号の2の2)

●常用就職支度手当の支給申請手続(様式第29号の3)

●高年齢雇用継続基本給付金及び高年齢再就職給付金の支給申請手続(様式第33号の3及び様式第33号の4)


具体的には、様式の「印」を削除するとともに、改ざん等の抑止力を確保するため、様式中に「(注)記載内容について、記載した方に直接確認する場合があります。」との表示が行われます。

今後は、令和5年9月下旬に改正省令を公布し、令和5年10月1日より施行される見通しです。



閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

改正雇用保険法が成立 パート500万人、育休給付対象に

パートタイム労働者などの雇用保険への加入を進めることを柱とする改正雇用保険法が10日の参院本会議で可決、成立した。育児休業給付を受け取れる対象を拡大し、子育てを支援する狙い。法改正で新たに500万人程度の加入を見込む。 雇用保険の対象者について、現行は「週20時間以上」としている所定労働時間を「10時間以上」に加入要件を引き下げることで適用を拡大する。2028年10月に開始する。 また、育休給付の

令和6年度の労災保険率が公表

令和6年度の労災保険率、特別加入保険料率及び労務費率が公表されました。 令和6年度から変更されます。 下記リンクより ・労災保険率表 ・特別加入保険料率表 ・労務費率表 がご覧いただけます。 令和6年度の労災保険率について(令和6年度から変更されます)(厚生労働省)

Comments


bottom of page