top of page
検索
  • 執筆者の写真Qualia

残業時間の36協定、本社で一括申請可能に 23年度中にも

厚生労働省は2023年度中にも、残業時間に関して労使で定める「36協定」の行政手続きを簡素にする。事業所ごとに都道府県の労働基準監督署に届け出るルールを改め、本社がまとめて1回で申請できるようにする。煩雑な企業の事務負担を軽減し、電子申請の利用拡大にもつなげる。
2023年8月18日 日本経済新聞より

これまで36協定は事業所ごとに作成する必要があったため、複数の拠点をもつ企業では拠点ごとの残業時間を確認して作成、従業員代表との締結手続きを取る必要がありました。

今後本社がまとめて1回で申請できるようになることで、事務負担の削減につながります。


注意すべき点

一番長い残業時間の拠点に合わせた結果、他の拠点の残業時間が増えないように注意が必要です。

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

改正雇用保険法が成立 パート500万人、育休給付対象に

パートタイム労働者などの雇用保険への加入を進めることを柱とする改正雇用保険法が10日の参院本会議で可決、成立した。育児休業給付を受け取れる対象を拡大し、子育てを支援する狙い。法改正で新たに500万人程度の加入を見込む。 雇用保険の対象者について、現行は「週20時間以上」としている所定労働時間を「10時間以上」に加入要件を引き下げることで適用を拡大する。2028年10月に開始する。 また、育休給付の

令和6年度の労災保険率が公表

令和6年度の労災保険率、特別加入保険料率及び労務費率が公表されました。 令和6年度から変更されます。 下記リンクより ・労災保険率表 ・特別加入保険料率表 ・労務費率表 がご覧いただけます。 令和6年度の労災保険率について(令和6年度から変更されます)(厚生労働省)

Comments


bottom of page