top of page
検索
  • 執筆者の写真Qualia

在宅手当、残業代算定から除外検討 手取り減る可能性

厚生労働省は残業代を算定する基準から在宅手当を外す方向で調整に入った。

これまでは月給に含めた扱いだったが必要経費として切り離す。

新型コロナウイルス下でテレワークが広がり、手当を導入した企業が払う残業代が膨らんだため見直す。

社員の手取りが減る可能性もある。

厚労省の審議会で詳細を詰める。労働基準法施行規則を改正し、2024年度にも適用する。


2023年9月17日 日本経済新聞より

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

改正雇用保険法が成立 パート500万人、育休給付対象に

パートタイム労働者などの雇用保険への加入を進めることを柱とする改正雇用保険法が10日の参院本会議で可決、成立した。育児休業給付を受け取れる対象を拡大し、子育てを支援する狙い。法改正で新たに500万人程度の加入を見込む。 雇用保険の対象者について、現行は「週20時間以上」としている所定労働時間を「10時間以上」に加入要件を引き下げることで適用を拡大する。2028年10月に開始する。 また、育休給付の

令和6年度の労災保険率が公表

令和6年度の労災保険率、特別加入保険料率及び労務費率が公表されました。 令和6年度から変更されます。 下記リンクより ・労災保険率表 ・特別加入保険料率表 ・労務費率表 がご覧いただけます。 令和6年度の労災保険率について(令和6年度から変更されます)(厚生労働省)

Comments


bottom of page