top of page
検索
  • 執筆者の写真Qualia

令和6年度の雇用保険料率が公表

2月15日付けで、厚生労働省よりリーフレット「令和6年度の雇用保険料率について」が公表されました。


失業等給付等の保険料率は、労働者負担・事業主負担ともに引き続き6/1000です

農林水産・清酒製造の事業および建設の事業はともに7/1000)。


雇用保険二事業の保険料率(事業主のみ負担)も3.5/1000(建設の事業は4.5/1000)で、

変更はありません。





閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

育児休業給付金の支給対象期間延長手続き 令和7年4月から変更

令和7年4月から保育所等に入れなかったことを理由とする育児休業給付金の支給対象期間延長手続きが変わります。 これまでは、保育所等の利用を申し込んだものの、当面入所できないことについて、市区町村の発行する入所保留通知書などにより延長の要件を確認していましたが、令和7(2025)年4月より、これまでの確認に加え、保育所等の利用申し込みが、速やかな職場復帰のために行われたものであると認められることが必要

女性の管理職比率 301人以上の企業に公表義務化で調整

厚生労働省は女性の管理職比率の公表を企業に義務付ける調整に入りました。上場・非上場問わず従業員301人以上の企業(1万8,000社程度)を対象にする方針で、厚労省の有識者検討会が7月にもまとめる報告書に方向性を明記し、今夏以降労働政策審議会での議論を経て、早ければ2025年の通常国会に女性活躍推進法の改正案を提出する方針です。

厚生年金 規模要件を撤廃

厚生労働省は、厚生年金に加入する際の企業規模要件を撤廃する方針を固めました。従業員5人以上の個人事業所の非適用業種も解消し厚生年金を適用する方向で、新たに約130万人が加入対象となります。撤廃により企業側に発生する保険料や事務負担に関する支援策は今後検討し、2025年の通常国会に関連法案を提出することになりました。

Comments


bottom of page